Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

スポーツ観戦やじうま日記

スポーツ観戦やスポーツニュースの感想を気ままにかいている日記ブログです。


一体いつになったら決まるのか?
松井秀喜の二の舞にならないかとやきもきしていたイチロー選手の契約ですが、ようやくヤンキースとの契約がまとまりました。

契約総額は、1300万ドル(約10億9400万円)と推定されています。

ヤンキースは、他の野手の獲得、契約を優先させていたので、イチローとの契約は他の陣容が決まるまで、後回しにされていました。

イチローをめぐっては、フィリーズが2年総額1400万ドル(約11億7800万円)でオファーとか、今季ワールドシリーズを制したサンフランシスコジャイアンツが2年総額1500万ドル(約12億6200万円)を提示したとか言われていました。

これに対し、ヤンキースの提示は、単年契約で700万ドル(約5億8900万円)程度でした。

条件からすると、ヤンキースに残るよりも、他球団の方が良かったのですが、イチローはヤンキースでのプレーを希望、これに応えてヤンキース軍もイチロー側の希望をくみ取り、年俸単価を下げて2年1300万ドルを提示して、落ち着いたという事です。

イチローは今季途中にマリナーズからヤンキースに移籍しました。

マリナーズでは調子が出なかったのですが、移籍後は67試合で打率3割2分2厘をマークし、ア・リーグ東地区優勝に貢献しました。両

イチローはメジャー1年目の2001年から10年連続200安打を放ち、最優秀選手1度、首位打者2度、盗塁王1度。大リーグ12年間の通算成績は2606安打、打率3割2分2厘、104本塁打、452盗塁。 



タグ:

ページ上部に
purchase lioresal Antabuse without prescription nolvadex without prescription