Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

スポーツ観戦やじうま日記

スポーツ観戦やスポーツニュースの感想を気ままにかいている日記ブログです。


今年はいよいよ女子ゴルフ界の人気者である有村智恵が米女子ゴルフツアーに挑戦しますね。

有村は、昨年12月上旬、米フロリダ州デイトナビーチで行われた来季の出場権をかけた最終予選会で5位となり、アメリカ女子ゴルフツアーの参戦権を獲得しました。

有村はトップ通過ではなかったですが、終始安定したゴルフで通算8アンダーをマークし、上位20名に許される正式メンバー入りを果たしたのです。

有村選手は、アメリカ女子ツアーで成功出来るのでしょうか?

昨シーズンのアメリカ女子ツアーでは、宮里美香選手とか、宮里藍選手が活躍しましたね。

一昨年は、上田桃子選手が活躍しましたね。

毎年、日本の女子選手も活躍しているので、今年は有村選手の活躍に期待しています。

有村がアメリカ女子ツアー参戦を考えるようになったきっかけは、2年ほど前のこと、契約を交わす磁気健康ギア「コラントッテ」の仲立ちでフロリダのレッドベターゴルフアカデミーで合宿した有村は、そこでマスターインストラクターであるケビン・スメルツ氏と出会ったことでした。

それまではどちらかというと左右に体を振って球を飛ばすタイプのスイングだったが、スメルツ氏から腰の左右へのスライドを抑えさせることで、クラブの入射角を鋭角にし、「上からボールをアタックできるようなスイング」への改造を勧められたのです。

これは、有村が今まで思い描いていたスイングのイメージを大きく変えるものでしたが、スメルツ氏のアドバイスを聞き入れるうち、打球に高さと力強さが加わっていくのが実感できたのでした。

それともうひとつは、アメリカの恵まれた環境です。

アメリカには、広大な敷地にコース並みに美しく整備された芝から打てる練習場と、一日過ごしても飽きないアプローチ練習場やグリーンがあるのです。

こういう環境で練習して、アメリカ女子ツアーに参戦したいという想いが強くなってきたのです。

有村がアメリカで活躍するには、日本での実績を忘れ、アメリカ女子ツアーに新たに挑戦するという気持ちでがむしゃらに戦うことではないでしょうか?



タグ:

ページ上部に
purchase lioresal Antabuse without prescription nolvadex without prescription