Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

スポーツ観戦やじうま日記

スポーツ観戦やスポーツニュースの感想を気ままにかいている日記ブログです。


現在、米国では米大リーグの関係者が一堂に会するウインターミーティングが開幕されています。

日本では馴染みのないウインターミーティングですが、米国の大リーグでは、FAになった選手をはじめ、トレード対象の選手の移籍先を決めるための重要な会議になります。

そのウインターミーティングにて、イチロー選手の微妙な立場が取り沙汰されています。

ヤンキースからフリーエージェント(FA)になったイチロー外野手(39)との再契約に関し、ヤンキース軍内で意見が分かれていることが明らかになったのです。

営業サイドはイチローの残留を強く望んでいるのですが、首脳陣はイチローよりも右打者の補強を望んでいるのです。

というのも、右打者のアレックス・ロドリゲス内野手(37)が左股関節を手術する事になり、開幕から前半にかけては間に合わない事になったからです。

ヤンキースのチーム編成の最高責任者であるブライアン・キャッシュマン・ゼネラルマネジャー(GM、45)のコメントも

「報告できることはない。関係者と話はしているが、みんなに忍耐強く待つように求めている。今は外野手と捕手が補強ポイントだが、どれだけ資金が残っているかを考えて交渉していく」

と、とても慎重な言い回しのコメントでした。

米メディアは、今季ダイヤモンドバックスで30本塁打を記録した右打ちのジェーソン・クベル外野手(30)をトレードで獲得するのではないかと報じられています。

そうするとイチロー外野手は、外野の4番手候補になるので、レギュラーが危うくなります。

ヤンキースに残留するにしても、大幅な減俸が確実なだけに、交渉が後回しにされてもまだヤンキースに残留するという決断をするのでしょうか?



ページ上部に
purchase lioresal Antabuse without prescription nolvadex without prescription