Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

スポーツ観戦やじうま日記

スポーツ観戦やスポーツニュースの感想を気ままにかいている日記ブログです。


GW後半はいい天気が続いていますね。
絶好のスポーツ日和の気候ですね。

そして海外では、欧州のサッカーリーグも終盤に差し掛かっていますね。
イギリスのプレミアリーグでは、日本代表の香川真司が所属するマンチェスター・ユナイテッドが早々と優勝を決めましたが、オイタリアでも優勝が決まりました。

イタリアのセリエAでは、第35節が5日に行われ、ユヴェントスとパレルモが対戦しました。
この試合で引き分け以上で連覇が決まるホームチームのユヴェントスは、序盤から主導権を握って攻勢をかけます。

17分に、アルトゥーロ・ビダルがミドルシュートを放つもゴールの脇に外れます。
28分には、右サイドのステファン・リヒトシュタイナーのスルーパスからミルコ・ヴチニッチが右足でゴールを狙います、これはゴールキーパーに止められてしまい、なかなか点が入りません。

スコアレスのまま前半終了です。

そして後半に入ると、パレルモに反撃を許して、51分にはファブリツィオ・ミッコリにシュートを打たれてしまいますが、ミッコリのシュートはポスト直撃で助かりました。

均衡が敗れたのは58分でした。
ペナルティエリア内でヴチニッチが倒されてPKを獲得し、これをビダルが落ち着いて得点したのです。

ホームでリードを奪ったユヴェントスは、84分にポール・ポグバが退場処分となり1人少なくなりましたが、パレルモの反撃を封じ込み1-0で勝利しました。

ユヴェントスは、強いですね。
これで10試合負けなしの8連勝で勝ち点を83まで伸ばし、3試合を残してリーグ連覇が確定しました。
ユヴェントスはこれで、イタリア最多29度目の優勝です!

ユヴェントス強し!
 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバックURL

ページ上部に
purchase lioresal Antabuse without prescription nolvadex without prescription