Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

スポーツ観戦やじうま日記

スポーツ観戦やスポーツニュースの感想を気ままにかいている日記ブログです。


来年の冬季オリンピックが開催されるソチで行われた、フィギュアスケートのGPファイナル女子で、浅田真央が復活の優勝を遂げました。

大会前は非常に慎重で、日本での調整を入念に行い、現地入りしたのは、日本選手では最も遅い12月5日の深夜でした。

浅田真央は、GPファイナル常連のイメージですが、今回が2008年以来4年ぶりの出場でした。
(昨年もGPファイナルに出場予定でしたが、母親の危篤で、大会直前に帰国しましたので。)

2週間前に行われたNHK杯では、フリーが絶不調で、ジャンプをことごとく失敗していましたが、どこまで調子が上がっているかというのが今回の見所でした。

実は、NHK杯後に腰を痛めたという事で、公式練習では、自分の音楽がかかっていても、ジャンプやスピンをすべてパスして、つなぎとステップシークエンスを確認するだけという慎重さでした。

そして迎えたSPでは、最初のダブルアクセルを余裕を持ってこなすと、今季は回転不足が目立っていたトリプルフリップも、「跳ぶ前に体を使った反動をなるべくつけないで、シンプルに入るように修正した」と、回転不足にならないジャンプで次のダブルフリップにつなげました。そして磨きをかけてきたスピンとステップは、すべてレベル4という演技で、SP首位発進でした。

ここまでは順調でしたが、フリー当日は、「朝の練習から腰の痛みが気になっていた」という事で、試合直前の6分間練習では「まったく力が入らない」状態だったそうです。

こんな状態でも素晴らしい演技ができるのが浅田真央ですね!

冒頭のトリプルループからダブルアクセル+トリプルトーループの連続ジャンプを丁寧に決めて波に乗り、失敗したのは、3回転サルコウが2回転ななった1回だけでした。他にも細かいところでは、回転不足が2回とルッツのロングエッジもありましたが、ジャンプのミスは最小限で乗り切りました。

そして、終盤のステップシークエンスやコリオシークエンスでは、ひとつひとつを丁寧にこなし、出来ばえ点もきっちり獲得して、今季最高点の196・80点で見事優勝しました。

浅田真央選手のコメントは、
「今シーズンは中国杯とNHK杯ではフリーが良くなくて悔しい思いをしたので……。今回は悔しい思いをしたくないと思って滑りました。技術的にもこの2年間はいろいろできないこともあったので、その修正で頭の中がごちゃごちゃになったり、気持ちも落ち込んで不安になる時もありましたけど、優勝という形で(ファイナルに)戻ってこられたのは嬉しいです」
でした。

今回は、腰の痛みというアクシデントがあったにもかかわらず、それを克服して優勝したという事は、素晴らしいですね。
今回のこの体験は、今後の経験に活きてくる事でしょう!

ジャンプに頼らないニュー浅田真央の活躍が楽しみです。



ページ上部に
purchase lioresal Antabuse without prescription nolvadex without prescription