Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

スポーツ観戦やじうま日記

スポーツ観戦やスポーツニュースの感想を気ままにかいている日記ブログです。


いよいよ開幕した、世界クラブ選手権。
我が日本からは、Jリーグチャンピオンのサンフレッチェ広島が出場です。

そのサンフレッチェ広島の1回戦は、オセアニア代表のニュージーランドのチーム。

格下のニュージーランド相手なので、楽に勝てるかと思いきや、なかなか点が入らずやきもきする試合展開でした。

そんな試合展開の中で、サンフレッチェ広島の得点は、青山のミドルシュートでした。

「気持ちいいゴールだった」

青山のシュートは、本田圭佑ばりの強烈な無回転シュートでした。

前半から再三、チャンスをつくりながら1点が遠かったサンフレッチェ広島ですが、後半21分、MF青山敏弘の右足から放たれた豪快な右足ミドルがGKの頭上を越えてゴール上に突き刺さり、待望の先制点を奪いました。

「枠を捉えることを意識した。思い切り打ったわけでもないし、気持ちいいゴールだった」
という青山のシュートは見事なシュートでした。

無回転シュートと言えば、本田圭佑の代名詞にもなっているほどですね。
あのワールドカップ南アフリカでの、デンマーク戦の無回転シュートは忘れられないほど見事でした。

サンフレッチェ広島に青山は、北京オリンピック予選では日本代表で本田選手と一緒にプレーしました。
その時、本田選手の無回転シュートを目の当たりに観ていたのですね。

「(本田に)教わったというか、いつもあいつがボールを蹴るのを見ていたので。自分も蹴ってみたいなと思ったし、Jリーグでも無回転(シュート)で点を取ったことはある」。

この青山は、J1初優勝を決めた11月24日のC大阪戦(4-1)でもチームの2点目となる決勝点を決めています。
勝負強いというか、大事なところで点が取れる選手ですね。

———————————————————-
今度の週末は…
チャトレ 求人
ファミコンの麻雀
育毛剤DANDY
来春から始まる「ドキドキプリキュア」は?!
年末年始・お正月をスマートフォンで楽しむならこのサイト!
7日間脂肪燃焼スープダイエットについて
脂肪腫という脂肪の塊
米大リーグの上原はレッドソックスと1年契約で合意
アカギ全巻ヤフオクで購入!
———————————————————-

 

 



ページ上部に
purchase lioresal Antabuse without prescription nolvadex without prescription